キャッシング 金利

ベストなキャッシングカードローン探しは、くらべる君の匿名簡易審査から

あなたにピッタリのキャッシングカードローンがすぐわかる!
これが私でも借りられた方法です!
掲載企業40社、くらべる君の匿名簡易審査で比較!

審査結果はお申込みと同時にお知らせ!
キャッシング匿名簡易審査くらべる君

キャッシングの前に金利をチェック

キャッシングした場合に必ずと言っていいほどついてくるのが、金利というものです。

キャッシングの中には金利ゼロのものもあるようですが、金利がついているキャッシングと全く同条件というわけではないといいます。
目先のことにだけ捕らわれがちで、今すぐ借りられればいい、希望する金額が借りられればいい思ってしまうでしょう。
後で大変なことになってしまうことが、金利の比較も無しにキャッシングしてしまうとあるかもしれません。

あまり知られていないのが金利の計算方法で、いくつかあるようです。
金利についても、キャッシングを利用するときには把握しておきましょう。

いろんな要素が、金利の計算と一口に言っても関係してくるようです。
年率や年利とキャッシングの金利を明記してあるところに書いてあるのを見たことがある人も多いでしょう。

キャッシングの金利は、日歩、月利、年利などのような期間に対する単位で示されます。
年利は1年あたりの利息、日歩は1日あたりの利息、月利は1ヶ月あたりの利息ということです。
数字がかなり同じ金利でも、日歩、月利、年利では異なってきます。

金利の数字の大きいものと小さいものがあれば、金利の数字の小さい方のキャッシングを利用しようと考えるのが人の常でしょう。
キャッシングを利用するときに、人の心理をついた表記に惑わされると知らない間に高い金利になってしまうことがあるので注意しましょう。

低金利でキャッシングを利用する

具体的に計算してみると良いのが、キャッシングの金利について、日歩、月利、年利だとどのくらい違いがあるのかという部分です。
キャッシングで年利が20%の場合、月利だと1.67%になり、日歩だと0.05%になるようです。
このような数字に何故なるのかといいますと、算出が数字は年利÷12=月利、年利÷365=日歩という計算方法に基づいてされているからだそうです。

現在日本では、年利計算での開示がキャッシングの金利について決められているということです。
しかし、月利と年利の両方を表記し月利を目立たせて、消費者に金利が安いと勘違いをさせる事を意図しているケースも、まれにあるといいます。
キャッシング額からきちんと利息を計算してから、目先の数字に惑わされないようにキャッシングを利用することをおすすめします。

これ以外にも単利と複利がキャッシングの金利の計算方法にはあるといいます。
単利は元金に対してだけ利息をつける計算方法ですが、複利は元金と利息の合計に対して利息をつける計算方法です。
数字をあげるまでもなく、後者のほうが高金利になることははっきりお分かりだと思います。

間違いないのは、少しでも金利が低いものを選ぶほうが総支払額は少なくて済むということです。
大変重要なのは、低金利でキャッシングを利用するには、金利の計算方法について理解しておくことでしょう。

金利で損をしないキャッシングを

同じ利率であっても返済期間や返済方式によって変わってくるのが、キャッシングの金利というものです。
キャッシングの中からどの金利方式のものを選ぶかによって大きく変わってくるのが総返済額です。

返済方式には、大きく分けて一括返済と分割返済があります。
名前の通り一括返済は一括で返済することですが、分割返済には種類があるといいます。
そのひとつの方法が、元金とそれに対する利息を合計した金額を返済回数で割り毎回返済するというものです。

反対に借入残高に対して利息計算を行う実質年率方式というのもあります。
多くの会社がこの方法を採用しています。
計算式は、
利息=借入残高×金利÷365×利用日数
となります。

実際の返済額は、月の日数の相違などによりこの計算式の金額とは多少異なる場合があり、実際の計算式はもっと複雑になります。
ですから、この計算式で求めた金額はあくまで目安ですが、参考になります。

例えば、100,000円を毎月100,000円づつ返済、金利は20%、1ヶ月を30日で計算の場合は、
1回目の利息=100,000×0.2÷365×30=1,644円
元金は10,000−1,644=8,356円減ります
借入残高=100,000円−8,356円=91,644円

2回目の利息=91,644×0.2÷365×30=1,506円
となり、借入残高の減少と共に利息も少なくなってきます。

金融会社によってはホームページで返済シミュレーションを行えますから、その結果を基に計画を組むのも良い方法です。

また、期間を設けた上で金利がゼロのものもありますから、上手に利用したい物です。
キャッシングをする前に、自分が必要な金額と返済可能な期間をしっかり把握することが金利で損をしない方法といえるでしょう。

低金利キャッシングの注意点

キャッシングの中でも低金利で利用できるものはとても便利だといえますが、注意したほうが良いことがあります。

注意しなければならないのは、低金利という甘い言葉に引きずられて非合法な悪徳金融業者に騙されないようにすることです。
とても魅力的なのが低金利という言葉ですが、少なからず人を利用して騙そうとする悪徳金融業者は存在するのです。

キャッシングという言葉から即座に危険な印象を持つ必要はありませんが、安易なキャッシングの利用は避けるべきです。
様々な手口が、悪徳金融業者にはあるようです。

低金利での融資などの調子のいい言葉に乗ってくる人を待ちかまえています。
融資を低金利でするキャッシング会社を紹介すると言いながら、法外な紹介料を後で要求する業者も存在するのです。

低金利での借り入れは気軽にキャッシング利用ができるようになる反面、ちょっとした事でもすぐキャッシングを使う習慣がついてしまうことも考えられます。
キャッシングで借りたお金は、いくらお得で便利な融資でも、自分のお金にはならないものです。

必要以上には借り入れないようにし、常に返済に必要な金額くらいは把握しておく必要があります。
たとえ低金利でもキャッシングで借りないようにしたほうが良いのは、返済の見通しが立たないお金です。

金融機関からの融資と金利

金融機関でお金を借りる時は、金利に注意をして融資を受けてください。

金利とは、融資の金額に応じて加算される利息がどのように増えるかを指します。
融資を受けると、返済時には借入金額と金利によって決定される利息が加算されるのです。

金融機関によって金利はまちまちですが、法律ではどのくらいの範囲で決めるべきかは明確にされています。
融資を行う際に、金融機関は何%の金利をつけるかを、法律に違反いないように決めます。

審査を通貨するかどうかばかり気になって、融資の申し込みをする際には金利を二の次にしてしまう人もいます。
大切な事ですから金利についても注意しましょう。

ひとつの金融機関は金利14%に対して、もう一方は18%だとします。
返済期間を半年として100万円の融資を受けた場合、完済までに必要な金額は1万円の差がつきます。

低金利の融資を探すなら、銀行系がいいといいます。
反対に銀行系は融資を申し込んだ際の審査に時間がかかったり、申込みの条件が難しいと言われています。
最近では、即日融資を行っている銀行のカードローンもあります。

自分の状況や融資の緊急度などによって、消費者金融か銀行系のどちらかに決める必要があります。
金利を調べる前に、各金融機関の特性や内容について理解しておくといいでしょう。

簡易審査で一括キャッシング比較!あなたに合ったローンが分かる

 

サイトマップ

ビロゴン