尿トラブルや疲れやすさにも? 八味地黄丸の特徴と効能

尿トラブルや疲れやすさにも? 生漢煎 八味地黄丸の効能と副作用

こんにちは、夜間尿おやじです。
このページでは「生漢煎 八味地黄丸」の効能と副作用を紹介します。

 

■「生漢煎 八味地黄丸」とは?

 

「生漢煎 八味地黄丸」とは、漢方薬の一種です。他の漢方薬と同様、自然の草や木から作られた「生薬」を組み合わせたものです。

 

「生漢煎 八味地黄丸」はその名前の通り、地黄、山茱萸、山薬、茯苓、沢瀉、牡丹皮、桂皮、附子の8つの生薬から作られています。

 

それぞれの生薬には、例えば貧血症状の緩和や、滋養強壮作用に役立つと言われていますが、それらを合わせることで「生漢煎 八味地黄丸」が作られるのです。

 

8種類の生薬

 

■「生漢煎 八味地黄丸」に期待できる効能

 

「生漢煎 八味地黄丸」に期待できる主な効能としては、体の弱った機能を補い、また元気づけるという作用があるため、疲れやすさや手足の冷え、特に足腰や泌尿器系など、下半身の健康維持が期待されています。

 

たとえば、近頃トイレが近くて困っているという方、手足がすっかり冷えてなかなか温まらないという方におすすめの漢方薬です。

 

年齢を重ねると、人は誰しも若い頃と比べて体温が下がりがちになり、うるおいが失われて硬くなっていくものです。
漢方的な考え方では「気」や「血」の不足が原因とされているのですが、そのために夜何度もトイレに行きたくなったり、頻尿や尿もれといった尿トラブルが増えてしまうのです。
その他にも、疲れやすくなったり目がかすんだり、腰が痛んだり……体の全体的な機能の低下が、いろいろなところに不調としてあらわれてくるのですね。

 

八味地黄丸は、冷えてしまった体を温め、機能低下した部分について元に戻していくことを目的としている漢方です。
血行を良くし、体を温めていくことで尿トラブルをはじめとした体調を整え、腎臓や膀胱などの健康を保てると言われています。
そのため、特に中年以降の保健薬・治療薬として広く愛用されています。

 

夜間尿

 

■「生漢煎 八味地黄丸」の副作用

 

八味地黄丸は、体力の衰えた人向けに処方されている漢方薬のため、元気な人が飲むとかえって体調を崩してしまう可能性があります。のぼせや舌のしびれなど、副作用が強くあらわれることがあるのです。

 

その他、胃腸が弱い方にも向かない漢方薬です。食欲不振や気持ち悪さ、吐き気、腹痛、便秘など、胃腸に関するトラブルが多く起きやすいです。普段は問題なく飲めている場合でも、少しお腹が弱っているタイミングなどは副作用にも十分に留意しましょう。

 

こうした副作用を避けるためには、飲み合わせにも注意が必要です。「附子(ブシ)」が含まれた他の漢方薬と一緒に飲むときはに気をつけましょう。

 

副作用を起こさないようにするには飲むタイミングや飲み方も大切です。一般的に漢方薬は食前や食間に飲みますが、食欲不振や吐き気が気になる場合には食後に飲むなどの工夫をするのも良いでしょう。